2009年09月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

「旅先からがんがん写真を送れ」という指令が夫から…。
夫専属のジャーナリスト気分で一眼レフ、小型デジカメ、I phoneを使い分けて報告してるのだけど、コード類だけでも大変な事に~。
今回の香港のホテルは世界中のホテルサイトを検索してみつけた一泊7.800円と激安なThe Empire Hotel。
ホテル自体は新しくデザイナー系にコンパクトにまとまったインテリアでこの価格なら大満足なのだけど、デスクがちっちゃいのが難点。
ダブルベットの半分を作業スペースにしている(笑)。
昨日は香港に来ると必ず行く泥棒市と呼ばれているキャット・ストリートへ。
骨董というよりガラクタの山からお宝を探すのが楽しくってしょうがない。
集めている古い香水瓶などのガラス系の掘り出し物がみつかるのだけど、今回も見つけましたよ~ん♪
古いガラス瓶の中に何千個とシャンデリアパーツが入ったお宝を見つけたときはインディージョーンズ気分に♪もちろんお値段は激安。
いつも値段交渉をするおじさまもご健在なので安心した~。
Hollywood Rd.を下って市場を抜けて、バーニーズと同じぐらい愛してやまないLane Crawfordへ。
http://www.lanecrawford.com/
泥棒市から一転して世界のハイブランドの世界へ。
ここにくると今年のトレンドが一目瞭然。
ジュエリーコーナーも見応えあります。
今年のキーワードは「Disco Fever」80Sの復活だそうだ。
ミラーボールのようなキラキラで溢れていた。
目の保養の後はカフェで休憩。
ベリーニとサラダを注文。
香港の海を眺めながら一人ランチを。
香港の街には訪れるたびに発見があって飽きる事がない。
熱気と安らぎが共存していている街。
一時〆切からも解放されて、なんて贅沢な時間を過ごしているのだろう~としばしぼーっとしていた。
こんな放浪妻を許してくれる夫に感謝して、多分日本の方角だろうという向きに一礼。
夜は再びメイさんと合流。
ホテルのある天后のビストロで乾杯♪
オーストラリア、アメリカ、フランスものなどの6種類の牡蠣を食べくらべ。
二人で3皿、18個のオイスターをぺろりと…。
日本だったらどんだけ~って値段だけど香港なら大丈夫♪
今日は問屋街で仕入れに勤しみます♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

「こんな趣きのある場所で撮影できる機会はなかなかないよね~」とお互いの制作したジュエリーをマカオのホテルでチェックアウト前に夢中で撮影しまくる。
お部屋を飛び出し、教会やホテルエントランスなどで撮影大会する二人。
もっと重厚な作品を持ってくれば良かった~と後悔。
フィリグリーにパーツをワイヤーで固定した作品は清水メイさんの素敵なハンドメイドジュエリー♪

香港に戻った昨日は清水さんのご自宅でアメリカのハスケル倉庫から届いたばかりの荷物確認をお手伝い。
「わ~これ可愛い♪」「え~これどうやって使ってったんだろうね~」とわ~わ~きゃ~きゃ~と女子高生のように盛り上がる二人。
パーツを見てるだけでこんな幸せな気分にしてくれるハスケルってやっぱりすごいな~。
彼女と巡り会わせてくれたハスケルに感謝する夜。
直接仕入れで貴重なハスケルパーツ、ヴィンテージスワロなど譲っていただきました。
ハスケルハッピーのお裾分けをできるように頑張りま~す♪

昨晩の乾杯はHolly Wood Rd.の憶江南というおしゃれな中華。
ピリ辛でパクチーが隠し味なソースでいただく蒸し鶏、翡翠という冬瓜のようなお野菜などなど…
かなりお酒がすすむお味です♪
Holly Wood Rd.は青山、原宿といった場所。
気になるコスチュームジュエリー、ヴィンテージショップも教えてもらいました。
今日は撮影小物の掘り出し物を見つけるトレジャーハンティングの一日の予定です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

マカオの朝、まったりと海とお庭を眺めながらベランダで朝食。
マカオのお料理、何を食べても美味しい。
アメリカとか行くと結構大味で2日目ぐらいにはげんなりして、「お茶漬け食べたーい」となったりするのだけど…マカオの味付けって素材をいかしていて繊細で日本人好み。
このホテルで一生過ごしたいと思った。
ここでモノヅクリできたらバリバリ良いもの作るよ~ん…と神様にお願いしてみた(笑)。
世界遺産とワイン博物館を回る。
1000年以上前の世界にひとつしかないワイン達を指をくわえて眺める二人…。
その後Venetian Macaoへ
http://www.venetianmacao.com/en/
シャンデリアがまばゆいカジノへ
「カジノで儲かったら帰りは香港までヘリで帰ろう」とこの数ヶ月ずっと言い合っていた私たち…。
ビギナーズラックなのか私は20HDが一発で48HDに、清水さんはなんと280HDに!
しかし、このままギャンブルに味を占めてしまって身ぐるみはがされたら恐ろしい~とそそくさと
退散し、Cirgue du Soleil「Zaia」を鑑賞。
http://www.cirquedusoleil.com/zaia/en/intro/intro.asp
当日予約だったのにど真ん中の前から5番目という最高の席でZailaの夢の世界を堪能しました。
本日のディナーはコロニアルスタイルのレストランPorto Finoでイタリアンワインで乾杯♪
生ハム、アイリッシュオイスター、マルゲリータ…etcとワインを一本あけて一人4.000円ぐらい!
食べきれなかったピザをお持ち帰り用に包んでくれるスタッフのホスピタリティーにも感動。
駆け足だったし、着いた当初は二人ともかなり二日酔いのマカオだったけど…大満足♪
英気を養ったので残りの香港滞在、皆様に喜んでいただけるような仕入れを頑張りたいと思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

昨日よりマカオへ
清水さんが香港の旅行会社で手配してくれたホテルはポルトガル植民地時代のお城を改装していて
全室ハネムーナースイートのみ。入り口には大砲がお出迎え。
http://www.saotiago.com.mo/
お部屋はシノワズリーな雰囲気でとってもシック。
至る所にシャンデリアが輝くホテル。
ビーズマニアな二人は思わず触ってクリスタルかどうか確認作業を…。
お目当てだったポルトガルワインにグラスに入ったオムレツなどのスペイン×ポルトガル料理に舌鼓。
しかし、前日の香港ナイトの疲れがどっとでて、グラス2杯飲んだ時点で睡魔が襲ってきた…。
カジノを諦め爆睡したマカオの夜…トホホ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

香港の街にはパンダが溢れている…。

清水さんと再会ディナーをし、2件目はインターコンチのBarへ
バンド演奏のあるお店。
ボーカルの女の子達がキュート。
サックス奏者の彼のルイアームストロングが最高でした♪
別のテーブルのオーストラリア人の女の子達、バンドメンバー、お店のスタッフと意気投合し
3時まで歌って踊って飲み明かした香港のハチャメチャな夜…
Viva香港ナイト♪

↑このページのトップヘ