イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

オットが肋骨を骨折し、さらにカブが突発性のメニエールになり点滴に通ってました。
老人と老犬に「君が一家の大黒柱だ」と言われ、
〆切と戦いながらも風邪もひけない肝っ玉母ちゃん状態。
体が資本!
皆様もくれぐれもお大事に♪

カブは驚異的な回復を見せ2日で完治。
具合が悪いときは涙目でけなげなわんこだったのだけど…
元の我が道をいくわんこに復活。
でも嬉しい♪
思えばカブも人間で言うと70歳近い年齢になってきました。
オットは55歳。
家族全員がヴィンテージとなってきました…。

5~6年前制作の思いっきり直射日光のあたるところに飾っていた作品はワイヤーが変色して
趣きがでてきました。
コパーのパーツやワイヤーは重厚感が出ていい感じ。
昔の作品を見ると、その時はまっていた音楽、ファッションなどがフラッシュバックしてきてアルバムを見てるような感覚になります。
「今だったら、こうゆう作り方はしないというかできないな~」と感慨深く見入ってしまいます。
子供の絵って決して大人が真似できないのと同じような、
稚拙なんだけど素朴で可愛いな~と自画自賛してしまうおばかさんです(笑)。

カブもオットも、もちろん出会ったころは、
今よりずっとピッカピカに可愛かったり若かったりするけど…
昔が良かったとは思わない。
2人と1ぴきで積み重ねてきた時間があって熟成されたお互いの間とかがあって
一緒にいてやっぱり心地よい。
いつの日か永久の別れが待っていると思うとうるっとくる…。
一緒の時間を大切にしよう~と一瞬心に誓うんだけど…健忘症でついつい…。

カブもオットもフレッシュなキャピキャピのギャルよりも、このふてぶてしく年を重ね
芳醇で豊満で奔放な私を味わい深いと思ってくれてることを祈る(笑)。