イメージ 1

昨日の朝より仕分け作業を開始しました。
皆様からの愛の箱…100箱届きました!
本当にありがとうございました。
関西からの使者…必殺仕分け人の木坂先生、川野先生、松村先生、そして木坂先生のご学友の菅井さんが着々と箱が開封されていきます。
一つ一つの箱に中塚先生と被災地の皆様への思いが込められていて、開封するたびにほんわか優しい気持ちになりました。
今回の「ミッションNL」に携わさせていただけたことに感謝しました。
中には温かいお手紙やお心遣いも…本当にありがとうございました。
ウルウルしながらも黙々と4人で作業を進めていきました。
皆様からの善意は、そんじゃそこらのスーパーに負けない品数、品揃え…
なんとも壮観でした。

お箸8000膳、紙コップ1600個、こども用マスク700個は多賀城災害本部の方とやり取りさせていただいて、昨日直接発送いたしました。
また、杖10本、段ボール1箱分の市販薬、タオル段ボール2箱、歯ブラシ段ボール1箱分、歯磨き粉マウスウオッシュ等段ボール一箱分は被災地で早急に必要とされているとのことなので昨日先行で発送いたしました。
ありがとうございました。

災害本部の方や被災地の方々へのメッセージ、連絡先を同封するために
勝手ながら「Wiredの会」と命名させていただきました。


イメージ 2

家からパソコンとプリンターをコミュニティールームに運んで、四方向どこから見ても箱の中身が判るようにリストを貼付けていきました。
こんなにも真剣にキーボードをたたいた一日は過去そんなにないかもしれません…。
そして、AM3:00に仕分けが無事に終了。

イメージ 3

本日、AM 11:00にクロネコさんが3名3台の車で集荷にいらしてくださいました。
55箱の発送手続きをテキパキと作業されるクロネコさんのグリーンのユニフォーム姿が大変頼もしく、思わず拝んでしまいました…。
一箱一箱を丁寧に扱ってくださるお姿にも感動です。

仙台のクロネコさん営業所からは、また別の運送会社の方と中塚先生が避難所に物資を届けてくださる予定です。

多くの温かい手から手へのWiredで、私たちの思いが無事に被災地に届きますように…

中塚先生とは、ずっとfacebookでやり取りさせていただいているのですが…

『「途方にくれるばかりで~」と嘆く被災者の方にNLの話をすると、パッと明るい顔をされますよ。「ありがたいわね~」と目を輝かせてくれます。その笑顔がとても嬉しいです』と書いてくださっているのを拝読して、思わず涙がこぼれました。

人のケアをするというのは、いつも反対に自分がケアされている…。
こんな私でも行動することによって、人と人との気持ちを繋げるお手伝いが少しでもできたら嬉しい。

私の父は転勤族だったので…故郷と呼べる街がなく、こうやって中塚先生とやりとりさせていただいたことで、「多賀城」が今では自分の第2の故郷のような気持ちになっています。

ご賛同、ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました!
感謝の気持ちでいっぱいです。

木坂先生が皆様からお寄せいただいた支援物資をエクセルで大変見やすいリストを作成して
ブログにUPしてくださいました。
当日は、私がベタ打ちしていったので…書き損じございましたら誠に申し訳ございません。
ご容赦くださいませ。




そして、一日も早く被災地の皆様に平穏な日々が訪れますように…
これからもずっと応援していきたい。